イタリアの名門ブランドBOTTEGA VENETA(ボッテガ ヴェネッタ)は1966年にイタリア北部のビツェンツァで創立した。

ブランド名は「ヴェネト州の工房」という意味。

創業当初は職人技を生かしたレザーグッズを製造、販売する事を目的に設立された。

2018年現在間違いなくBOTTEGA VENETAの代名詞にもなっているレザーを編み込んで作る「イントレチャート」は創業当初からその技を取得し、多くの製品に取り入れ現代にまで続くブランドの代名詞となっている。

20歳のお祝いや、就職祝いのギフトで送られる事もあれば、自分のご褒美として、

また、高級ブランド品に憧れる人まで多くの人が扱っているブランドのように感じます。

特にBOTTEGA VENETAのすごいなと思う所は、どの世代においてもフィットするフィット感ではないかなと思います。

20歳から60歳オーバーまで違和感なく使う事ができるブランドではないかなと思います。

若者が持っていてもファッショナブルでおしゃれな印象ですし、60歳過ぎてお持ちの方は渋さが演出されるのではないかと思います。

それは「自分のイニシャルだけで十分」(When your own initials are enough)という1970年代に始まった広告キャンペーンに端を発し、現在までのBOTTEGA VENETAの哲学として個性と自信を象徴しているブランドである事に他ならないのではないのでしょうか。

ー以下HPよりー
ボッテガ・ヴェネタは、個性と自信を象徴するブランドであり、その哲学は、「自分のイニシャルだけで十分(When your own initials are enough)」という有名なモットーに表れています。ひとつひとつの製品が、それを使う人のスタイルを限定するのではなく、際立たせることを目的として作られています。そのため、持ち主の名前を隠してしまうような方法でロゴやブランド名を提示する必要はありません。ボッテガ・ヴェネタのアイテムを持つことで、内に秘めた強さと自信が明らかになるのです。シームの強度であれ、ポケットのサイズであれ、またウェアの多様性であれ、それぞれのディテールにブランドの本質が宿っています。ボッテガ・ヴェネタは、あらゆる製品が美しく、かつ完璧な機能性を発揮するように、革新的な素材とデザインをたゆみなく追求しています。

まさに、BOTTEGA VENETAというブランド品を身につける事で生み出される個性と自信が

どの年代の方にも絶妙なフィット感を与え、今日まで一流ブランドとして君臨し続ける理由なのではないでしょうか。

VOGUE JAPAN

FASHION PRESS

VOTTEGABENETAJPN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です