TOD’S(トッズ)はイタリアを代表するブランドの一つです。

1979年に創業したTOD’Sは特にメンズ向けのシューズで高い評価を受けているのではないでしょうか。

そんなTOD’Sの歴史とともにTOD’Sの魅力を紹介していきたいと思います。

TOD’Sの始まり

TOD’Sは1979年にシューズメーカーとしてイタリアにて創業しました。もともとはイタリアのデッラ・ヴァッレ家が1920年代にシューズの製造をスタートしたのがTOD’S(この時はまだTOD’Sとしてのブランドは確立していません。)の始まりです。

TOD’Sとしてのブランドが確立されたのは、1979年に発表した今でもTOD’Sの代表的な商品である、「ゴンミーノ・モカシン」を発表したときになります。

「ゴンミーノ・モカシン」とは

ゴンミーノ・モカシンとは、靴底に133個のゴム突起をつけたドライビングシューズを基に作られたモカシンです。

発売以来世界中の人に愛され続けている理由は他のシューズよりも履き心地が優れている点、また機能性だけでなく、デザイン性もある点である。また、TOD’Sの有名な話として、ゴンミーニは種類によっては100以上の工程があり、熟練の職人による手作業によって、世界中に愛されるシューズブランドとしての地位を確立していったのです。

日本には1997年に新宿伊勢丹にショップをオープンしており、世界中に事業を順調に拡大していきました。

また、2001年には高級自動車のフェラーリとコラボした「トッズ・フォー・フェラーリ」は車好きの自分としてはとても魅力的なコラボでした・・(笑)

今後も世界的にファンの多いTOD’Sの同行が気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です